海外SIMカードに関する質問

海外プリペイドSIMカードの通販専門店[SIMTEL]

電話でのお問い合わせは03-3471-2026

メールでのお問い合わせはこちら

よくある質問?FREQUENTLY ASKED QUESTION 

お客様の奇問を解決致します。
       

SIMカードに関する質問

Q.SIMカードは何ですか?
SIMカードとはGSMやW-CDMA方式の携帯電話で使われている電話番号が記憶された2センチほどのICチップです。
GSM海外携帯電話や最近の日本の携帯電話にも本体に挿入して使います。
SIMカードを携帯電話本体にセットして使うことが日本を含め、世界的な規格となっていますが、通信方式によってGSM用SIMとW-CDMAに分けられ、併用して使えません。但し、携帯電話が両方式を対応していれば、通信会社SIMロックの有無でよってご利用になれます。(SIMロックなければ、使えます。)DoCoMoの発表によると、2011年4月から販売するすべてのDoCoMO携帯電話はSIMロックを解除すると発言、GSM対応の携帯電話であれば、海外用SIMカードを入れるだけで、海外で使えるようになります。

Q.プリペイドSIMカード(先払い)とポストペイド(料金後払い式)SIMカードの違いは何ですか?
プリペイドSIMは通話料金を必要な分だけ事前に購入(リチャージ)して使用する方式のSIMカードです。
契約手続きと縛りは必要なく、現地の携帯ショップ、コンビニ、量販店、空港、郵便局などで簡単に入手できます。
世界中でプリペイド式SIMカードが利用されている理由は、
1)小額で買える 2)先払いなので使いたい分だけ購入ができ 3)契約と基本料金に縛りがなく手に入りやすい という点からです。
プリペイド式はその名の通り、前払いで、通信会社が提供する必要最少額から購入できます。
先払いのため、後日請求を見て驚く事も無く、自分の都合(必要頻度や使用国)に合わせて、使いたい通話料金分だけを買う事が出来ます。
また、余った残高はプリペイドSIMカードの有効期限内であれば、次回の渡航時に利用でき、リチャージカードを別途購入して充電していただければ、通話残高を増やしたり有効期限を伸ばすこともでき、同じ携帯電話番号を長期間使用できます。

ポストペSIMカードは「後払い契約をして発行してもらうSIMカード(=電話番号)」で、通信会社としては必ず支払ってもらうという契約者の信用が大事なので、2年以下の短期滞在の方は契約が難しく、審査もとおりにくいです。後払いで契約者の連絡先、支払方法や料金プランなどの契約をするので契約した内容に関し責任が生じ、現地の住所やパスポート、現地で発行されたクレジットカードの支払いが条件という電話会社が多く、旅行者や短期滞在の方には難しい事です。

一方、プリペイドSIMカードとリチャージカード(残高加算カード)は、契約が不要、前払いで現地の携帯ショップ、量販店、空港、郵便局、コンビニなどで簡単に買えます。

Q.SIMロックは何ですか?
特定のSIMカードしか受け付けないように通信会社によって細工をされている携帯のプログラムことです。世界的動向は、通信会社がSIMロックを解除、お客様が自由に通信会社を選べる方向に進んでおり、日本もDoCoMoを初め、2011年4月からSIMロックを解除する予定である。同通信方式(W-CDMA, GSM等)に対応している携帯電話がSIMロックの解除がされていれば、契約している通信会社とは関係なく、SIMを入れ替えるだけで、携帯電話の使用は可能になる。所謂、携帯電話のSIMロックが解除されていれば、通信会社のSIMを入れ替えるだけで、携帯電話の併用が可能になる。

Q.SIMロック解除は何ですか?
通信方式が同一の携帯電話であれば、どのSIMカードでも受け付けるものをいいます。

Q.SIMカードの有効期限はいつまでですか?
SIMカードによって異なります。各SIMカードの詳細ページでご確認下さい。

Q.海外での着信料はいくらですか?
お使いになっているSIMカードや国によっても異なりますが、ドコモ、ソフトバンク、auの国際ローミングサービスを利用すると、着信料は約100〜200円/分が目安です。海外通信会社のSIMは上記日本の携帯電話に比べれば、国、場所、通信会社によって激安若しくは無料です。

Q.SIMロックを解除する方法はありますか。
携帯電話のメーカ(Nokia、Samsung、Motorolaなど)から購入した、海外GSM対応の携帯電話はSIMロックが購入時からかかってないが、日本の通信会社から購入した携帯電話はSIMロックがかかっています。SIMロックの解除はSIMロックの解除済み携帯電話を販売している専門業者やロック解除の細工をする業者に依頼してください。弊社では日本の通信会社のSIMのロックを解除したり、お勧めはしないので、自己責任でお願い致します。

Q.SIMカード開通後、何日以内に残高加算(リチャージ) しないといけませんか?
SIMカードを開通してから最初にリチャージするまでの有効期限は各プリペイドSIMカードによって異なります。
開通後の有効期限とリチャージ後の有効期限が違う場合が多いので、各SIMカードの詳細ページでご確認下さい。

Q.紛失や盗難時の対策は?
プリペイドSIMカードを紛失・盗難にあった場合は、それで終わりになります。
新しいプリペイドSIMカードをご購入下さい。

NTTドコモやソフトバンク、auのUSIMカードを紛失・盗難にあった場合は、各日本の携帯電話会社に連絡を取り、回線を停止するなど速やかに対処して下さい。甚大な被害がでる恐れがあります。
まだ、専門レンタル会社から借りた携帯の紛失・盗難にあった場合にも現地警察に届けを出し、回線停止を速やかに対処して下さい。甚大な被害がでる恐れがあります。

海外用(GSM携帯電話)に関する質問

Q.日本と海外で使える機種はありますか?
一部のW-CDMA携帯はGSM機能を持っております。お持ちの携帯電話の仕様の確認若しくは通信会社にご依頼お願い致します。GSM対応でもSIMロックが解除されないと、海外SIMはご利用できません。携帯電話はGSM対応で、ロック解除がされてるかを確認してください。

Q.GSMとは?
GSM(ジーエスエム)とはGlobal System for Mobile Communicationsの略です。        
世界基準のデジタル携帯電話の無線通信方式の一つで、 世界160ヶ国以上で(日本と韓国を除く)利用されており、携帯電話の事実上の“世界標準”と言われています。

利用可能な地域も幅広く、ヨーロッパ・アメリカ・アフリカ・オセアニア・アジア各国で採用され、中国でも主流となっています。
注意点として、GSMは各国・地域によって周波数が異なりますので、主な対応エリアは以下を参照してください。

GSM850 →中南米をはじめ、電波を飛ばしやすいアメリカの郊外 など        
GSM900 →ヨーロッパ、アジア(日本と韓国を除く)、オセアニア、アフリカ など        
GSM1800 →ヨーロッパ、オセアニア、アフリカ、アジア(日本と韓国を除く) など        
GSM1900 →主に北米の都市部、ハワイ など

※注意:日本と韓国はW-CDMA方式ですので、日本国内ではGSMのみ対応している携帯を使うことは出来ません。

Q.2,3,4バンド携帯とは?
GSM周波帯域によって区別し、対応地域の数で○バンドと呼びます。
ー2バンド携帯…GSM900/1800MHz帯の電波に対応している携帯をデュアルバンドとも呼ばれています。
対応エリアは、アジア(日本と韓国を除く)/オセアニア/アフリカ/ヨーロッパ
ー3バンド携帯…GSM900/1800/1900MHz帯の電波に対応した携帯をトライバンドとも呼ばれています。
対応エリアは、アジア(日本と韓国を除く)/オセアニア/アフリカ/ヨーロッパ/北米/ハワイ
ー4バンド携帯…GSM850/900/1800/1900MHz帯の電波に対応した携帯をクワッドバンド携帯とも呼ばれます。
対応エリアは、日本と韓国を除く全世界。

Q.日本と海外両方使えるGSM海外携帯電話とは?
「W-CDMAとGSM対応機種」であれば、日本国内はもちろん、海外の多数の国で使用できます。SIMロックの解除されてるか確認してください。

Q.NTTドコモ、ソフトバンク、auの国際ローミングサービスとの料金比較
日本の携帯電話会社の「国際ローミングサービス」を利用し、海外で発着信をする場合、高額な利用料が発生します。
また、国際ローミングサービスを利用してSMSを送信する場合も1通あたり100円〜150円かかるのに比べて、海外のSIMカードを使えばSMSの料金も約10分の1まで大幅に抑えられます。具体的な料金の比較は下記をご参照下さい。
ドコモの海外ローミング料金
auの海外ローミング料金
ソフトバンクの海外ローミング料金

Q.着信料金が無料とは?
米国、カナダを除いた、海外のSIMカードには、着信料が無料のものがほとんどです。通話料金の詳細は、各SIMカードの詳細をご覧下さい。
※日本の携帯電話会社が提供する国際ローミングサービスは便利だが、実際に海外で利用する際には、通話料の他に「着信料」と「国際転送料」が必要になり高くなります。また、日本でGSM海外携帯電話をレンタルしても多くの場合、着信料がかかります。

リチャージカードに関する質問

Q.リチャージカード【残高加算カード】だけの購入は可能でしょうか?
ホームページで販売しております。

配送・支払いに関する質問

Q.注文し、すぐに振り込めば、当日の発送は可能でしょうか?
基本的に2-3営業日での発送となりますので、宅急便でも出発4〜7日前に注文したほうが、安全です。まだ、発送は東京からになりますので、参考してください。平日午後3時までのご注文は、当日受付としますが、午後3時を過ぎますと、翌営業日の受付となります。

Q.海外への発送は可能ですか?
SIMカードの海外への発送は申し訳ございません。基本的にお受けしておりません。リチャージカードの充電代行若しくはリチャージカードのPIN番号の受け渡しは電子メールで可能で御座います。

Q.翌日発送可能な地域はどこでしょうか?
全国一律送料500円(10,000円以上お買い上げの場合、送料無料)のヤマト宅急便を使用した場合、翌日配達可能な地域は関東地域になります。東北、関西、北海道、九州は翌々日に、離島や沖縄はさらに時間がかかる可能性がございます。また天候等によりさらにお時間がかかる場合もございます。ご出発間際のご購入の際は余裕を持ってお申し込み下さい。

注意:メール便(160円)をご希望の場合、お届けまで2〜5日かかります。また、時間指定不可で御座います。
紛失などを防ぐため、平日のみ郵便局のレターバック350を使います。メール便の場合は発送前にお知らせ必要です。

Q.代引きでお願いできますか?
決済画面でご指定下さい。
※代引き手数料:注文金額5000円未満は315円、5000円以上は160円10000円以上は無料

Q.直接受け渡しは可能でしょうか?
基本的にできません。

Q.送料はおいくらでしょうか?
宅急便500円、代引き手数料315円+宅急便500円、メール便は160円で御座います。

Q.クレジットカードの支払いは可能でしょうか?
日本国内発行のVISA/MASTER/JCB等のいずれかでお支払い頂けます。

Q.銀行振込の手数料はSIMTELが負担してくれますか?
申し訳ございません、お客様にてご負担ください。

       

使用方法に関する質問

Q.日本の家族からGSM海外携帯電話への通話方法は?
■日本から海外への国際電話のかけ方は?
「国際電話IDD」+「国番号」+「エリアコード(市外局番)」+「市内局番」+「電話番号」        

■日本からGSM海外携帯へかける場合は?
「国際電話識別番号」+「相手国番号」+「(頭の0を抜く)GSM海外携帯電話番号」

※GSM海外携帯電話番号の頭に0が付いていない場合のみ省略してください。

弊社では海外に掛けられる、激安「国際電話専用IDD」(005356)をお客様に提供しております。
日本でかける電話を登録するたけで、簡単に電話を掛けられます。国際電話専用IDD(005356)の申し込みの方は関連ページを確認するか、005356@simtel.jpまでご連絡お願い致します。

■弊社の国際電話専用IDDの使い方
「005356」 +「相手国番号」 +「相手国内番号」となります。
■他社の国際電話専用IDDの使い方
例)NTTコミュニケーションズを利用して国際電話をかける場合
「0033」 +「010」 +「相手国番号」 +「相手国内番号」となります。
GSM海外携帯へは
「0033」 +「010」 +「相手国の携帯電話番号」となります。

電話サービス会社の識別番号の例です。(ご利用の電話会社にご確認下さい)        
・NTTコミュニケーションズ         0033
・日本テレコム 0041
・ フュージョン・コミュニケーションズ 0038  

Q.GSM海外携帯電話から日本への電話方法は?
<GSM海外携帯電話から日本へかける場合>
「+(プラス)」+「国番号」(日本は81)+「地域番号」(0を取った市外局番)+「電話番号」
例)海外から東京03−1234ー5678に電話する場合
+81−3−1234−5678となります。

「+」は国際識別番号を意味するもので、各SIMごとに異なった国際識別番号を持つ場合があります。海外ケータイ本体の、「+」と書かれたキーを二度押し、又は、長押しすると表示される事が多いです。
※+の入力方法は海外ケータイの機種により異なりますので、国際識別番号は事前に確認したほうがいいです。
※「+」の代わりに、「数桁の番号」を入力し、サーバ接続することで、通話料が割安になるSIMカードもございます。各SIMカードの詳細ページで画確認下さい。

Q.GSM海外携帯電話で現地の人への電話のかけ方は?
■渡航先の海外で、現地国内に発信する場合
「エリアコード(市外局番)」+「市内局番」+「電話番号」となります。
例)現地のGSM海外携帯電話へかける場合は現地の携帯電話番号のみでつながります。
例)現地から海外へ国際電話をする場合
「+」+「国番号」+「エリアコード(市外局番)」+「市内局番」+「電話番号」
※エリアコードの頭に「0」が付いている場合は「0」を省略。
※上記以外の発信方法も多数存在し、各SIMカードによって異なりますので、各SIMカードの詳細ページでご確認下さい。

Q.メールは可能でしょうか?

GSM海外携帯電話の機種やSIMカードによって対応しているメールの種類は異なりますが海外提供のメールはSMS(ショットメッセージ)を提供します。GSM海外携帯電話本体のスペックや、各SIMカードの詳細ページで対応しているメールの種類をご確認下さい。

Q.パケット通信は可能ですか?
各携帯によって異なります。またネットワーク側(SIMカード)によっても異なります。

       

渡航前の準備に関する質問

Q.渡航前の準備はどうすればいいですか?        
1.海外用SIMを入れて使うGSM海外携帯を購入します。
2.携帯を充電します。(注意:日本のコンセントに対応した変換プラグがあるか確認後、充電してください。)
3.使い方や注意事項を必ず確認してください。
4.問題が場合やリチャージ依頼の場合のため、弊社のメールアドレスや、URLを記録してください。
5.弊社の電話番号、非常用電話番号、現地滞在で必要な電話番号、日本の電話番号を登録してください。

注意:電話帳を登録するとき、携帯本体のメモリまたは、実際に現地で使うSIMに保存してください。

現地顧客センタ番号一覧

現地の連絡先 米国
中国
イギリス
フランス
ドイツ
カナダ
オーストラリア
イタリア    
1-800-643-4926
010-100-86
0870-075-5588
0811-29-2323
0180-501-0446
1-888-481-3436
1-300-126-122
N/A
611
N/A
5588
2323
N/A
611
126122
411488
日本の連絡先 info@simtel.jp 若しくは03-3471-2026

各サービス関連問い合わせ先

サービス全般 info@simtel.jp
国際電話サービス info@simtel.jp    
開通サービス info@simtel.jp
電話連絡先 03-3471-2026

メニューに戻る


海外SIMショップ情報

SIMTELジャパン

〒140-0011
東京都品川区東大2-5-9
TEL.03-3471-2026
FAX.03-3471-2027
SIMTEL email

SIMTEL韓国 SIMTEL中国 lebara.jp H2O SIM SHOP

SIMTEL SHOP

SIMTEL SHOP 海外プリペイドSIM 海外SIM 海外Wifi